dブロード社について

dブロード社は、IoT/M2Mを支えるネットワーク・コミュニケーション技術に特化したデザインサービス、ソリューションサービスビジネスを推進します。特に、SD/SDIO技術において業界トップクラスに位置しています。 業界でも定評のあるユニークなdブロード製品(SDIO WiFi, SD/SDIO ASSP等)の開発・製造(EMS)・販売と、お客様の応用Platformに対するソフトウェア・システム開発も強力にサポートしています。

主要製品

DB920
(920MHz帯 特定小電力無線通信モジュール)
- チップアンテナ搭載920MHz帯 特定小電力無線通信モジュール -

DB920はチップアンテナ搭載の920MHz帯特定小電力無線通信モジュール。
ターゲット機器(センサーデバイス、遠隔制御機器など)のホストコントローラ―とUART(Rx/Tx)で接続し、UARTコマンドで簡単に制御することが可能。小型・低消費電力で、電池駆動のセンサーデバイスなどへの応用に最適。また、AES(128bit)に対応していますので、よりセキュアな無線通信システムにも適用可能。

*PCにて評価可能なUSB基板を用意。
*DB920はARM Cortexマイコンを内蔵しているので、ファームウェアのカスタマイズによりセンサーデバイス等を直接制御することも可能。
*外部アンテナ用コネクター実装済みのモジュールも別型番にて用意。
*ゲートウェイ基板、リピータ基板も用意。

用途:機器制御、センサーデータ集約/監視機器

eWBC
(2.4GHz帯 無線LANモジュール)
- チップアンテナ搭載 IEEE802.11b/g/n SDIO無線LANモジュール -

eWBCはチップアンテナを搭載したIEEE802.11n準拠の小型無線LANモジュール。
基板間ヘッダーコネクターを搭載しており、容易にホスト基板へ実装することが可能。

用途:Linux、uITRON等 組込みOS搭載の機器

SD-Link11n
(2.4GHz帯 SDIOカード型 無線LANモジュール)
- IEEE802.11b/g/n SDIO無線 + microSDメモリーカード コンボカード -

SD-Link11nはチップアンテナを搭載したIEEE802.11n準拠のSDIO無線LANカード型モジュール。
SD Shared Bus方式によるSDIO無線LANとSDメモリーのコンボカード対応。
SD-Link11nにmicro SDメモリーカードを装着し、SDIO無線LANとSDメモリーのコンボ動作を行うことが可能。ホスト基板にSDコネクタを準備することにより、SDIO無線LAN・SDメモリーの両機能を省スペースで実現することが可能。

用途:Linux、uITRON等 組込みOS搭載の機器

アプリケーション開発例

920MHz Gateway(DB920-GW)を使用したloTソリューション開発例

・無線LED照明システム
・各種センサーネットワークシステム用

資料請求・お見積り

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。